オンラインカジノ必勝法8

ラブシェール法は、勝率50パーセント、配当額2倍のゲームに有効な必勝法です。2in1法やウィナーズ投資法と異なり、プレーヤーが任意に構成した数列を使用します。まず、負けてもいい金額を設定します。その金額を仮に10ドルとすると、10を分解して任意の数列を作ります。ここでは仮に「2314」とします。2+3+1+4=10となり、数列の数字を合計した値が損失額の上限となります。数列が決まったら「2314」の数列の両端の数字を足した額の6ドルから賭けます。勝った場合は、「6」を数列の右端に書き足し「23146」とします。負けた場合は、数列の両端の数字を削除し「31」とします。同じことを繰り返し、数列が全て消えた時点で、予算消化により終了となります。使用する数字が大きいほどゲーム毎の賭け金や損失額が膨らみますが、あらかじめ設定した金額以上には負けない安心感があります。しかし、数列にある全ての数字が消えた状態は、設定した金額分の損失が出ている状態です。したがって、いかに勝っているうちに切り上げるかは、別に考える必要がありそうです。